人身事故の罰金の相場は?

交通違反をすると当然、罰金を支払わないといけませんが、罰金には相場というものがあるのでしょうか。
あるとすれば大体の相場を事前に把握しておきたいところですね。

人身事故の罰金

交通違反で捕まると青切符か赤切符の2種類を切られることになり、
それぞれの交通違反の種類によって罰金を支払う必要が出てきます。

青切符の場合は反則金になりますが、赤切符の場合は罰金になり1発で免停になるので気をつけないといけません。

また青切符であっても点数が6点になると免停になるので、交通違反の相場だけでなく、そのことも知っておく必要があります。

罰金が科されるということは赤切符を切られる交通違反に該当し、重度な違反となるので金額もかなり高いです。
一般道路の罰金相場はどのようになっているかというと、

  • 30キロ以上40キロ未満でも5万円から7万円
  • 41キロ以上50キロ未満で6万円から8万円
  • 51キロ以上60キロ未満で8万円から9万円
  • 61キロ以上70キロ未満で9万円から10万円

このあたりです。

飲酒運転はさらに高額

このように交通違反における罰金の相場はかなり高いのですが、これに酒酔い運転が加わるとさらに高くなるのです。
飲酒運転の罰金相場は、酒酔い運転の場合、アルコールの量に関係なく
30万円から50万円となり通常の罰金相場よりも一桁違います。

また、直線の上を歩ける程度の酒気帯び運転の時でもアルコールの量に関係なく、罰金は20万円から30万円が相場になります。
初めての飲酒運転の場合は、もっとも低い20万円から30万円が相場になりますが、あくまで一般的なケースです。

大きい大型車に乗っている人や悪質なドライバーについては、もっと大きな罰金の金額になる可能性があるので注意が必要です。
お酒を飲んで罰金刑をくらうと6点をゆうに超える減点になるので、飲酒運転は絶対に辞めましょう。

交通違反をした場合の罰金相場はかなり高額になってしまうので、危険な運転は止めるべきです。
違反をして赤切符を切られると免停になり、罰金が払えない場合は労役場に留置されるかもしれません。