交通違反罰金の詳細は?

交通違反をすると罰金の支払いが気になりますよね。
少なくともいくら支払うのか、そしてどうやって支払うのかは最低限確認しておかないといけません。

支払い方法

交通違反の納付書には支払金額と支払期限が記載されているので、その期限内に支払いを済ませます。
罰金を支払う時は納付書に名前と住所、支払金額を記入し、銀行や郵便局の金融機関で支払います。
交通違反の告知を受けると交通反則通告制度が適用されるのですが、納付書によって罰金を金融機関に納付することで刑罰が科されないようになります。
納付期限は告知を受けた日の翌日から7日しかないので、忘れないうちに支払いましょう。
納付する場合、納付期限内に罰金を添えて金融機関の窓口へ一括納付が原則で、分納はできないので注意が必要になります。
また小切手や収入印紙、有価証券での納付は不可で、現金のみの納付となります。

 

必ず支払いましょう


罰金の支払いが納付期限までに行なわれなかった場合は、通告センターに出頭して支払います。

交通違反の罰金の支払いは何となく抵抗があるので遅れがちですが、これは被疑者の便宜を図る親切な処置であることを忘れてはいけません。
罰金を納付することで刑罰が科されなくなる制度なので、躊躇することなく支払うべきです。
刑罰を課されたいと思う人は誰もいないでしょうから、できるだけ早く罰金を支払って楽になりましょう。
罰金を納付することは被疑者としての権利であり、納付すれば犯罪者になることを免れることができます。
犯罪者を増やさないための親切な制度が罰金の支払いであるということがわかれば納得できますよね。
よほどの交通違反でない限りは起訴される確率は低いのですが、起訴されると前科がつくことになります。
期間内に罰金を納付しないと刑事手続で処理されることになるので、注意しましょう。

交通違反の罰金の支払いについては、期限内に速やかに支払いましょう。
無視しているとまた納付書がやって来て延滞金が科され、それも無視すると検察に呼び出されますよ。