運転中の携帯電話使用での処罰

罰金に関する交通違反と言えばスピード違反がすぐに頭に思い浮かびますが、それだけではありません。
最近では運転中の携帯の使用による罰金もあるので注意が必要です。

携帯電話の通話に注意

携帯電話が一般に普及したことにより、電話しながら運転する人が最近増えてきました。
そうしたことに鑑み、未然に事故を防ぐという目的で運転中の携帯使用に罰則が設けられるようになったのです。
携帯電話使用の罰則が強化されたことで、運転中に携帯電話を使用すると交通違反として罰金が科されます。
どのくらいの罰金が科されるのかが気になりますが、携帯電話を保持しているだけで16,000円支払わないといけません。
そして運転をしている時に携帯電話を実際に使用しているとなると、交通の危険があるとして29,000円もの罰金が科されます。
携帯に関する交通違反の場合、運転中の通話だけでなく、保持しているだけでも違反になるので注意しましょう。
たとえば、携帯電話の画面を見るだけでもNGになります。

停止中やメールもダメ!

道路交通法では、車を運転している場合に携帯を使用すると交通違反になって取締りを受けることになってしまうので注意が必要です。
携帯は通話のための使用だけでなく、画像を注視する行為も交通違反の対象となるので、運転中は携帯を触らないに越したことはないでしょう。
通話だけでなくメールやライン、ウェブサイトの利用だけでも違反行為となるので、細心の注意が求められます。
中には赤信号で停止中なら大丈夫という人もいますが、赤信号の場合でも判定は微妙です。
赤信号で停止していてもエンジンがかかっていれば、走行中と考えることもできるからです。
赤信号の間だけ通話したりメールするのは不自然で非現実的な行為とみなされるので、赤信号で停止中であっても携帯は触らない方が無難です。

運転中の携帯の使用は交通違反に抵触し、罰金の支払い義務が発生するので気をつけましょう。
通話による使用だけでなく、画面を見るだけでも違反に問われるので、運転中は携帯を触らないのが一番です。