交通違反の罰金は分割できる?

交通違反での罰金の支払いは国民の義務なのですが、金額が高いので一括で支払えない人も中にはいるでしょう。
そうした場合、罰金は分割払いにも対応しているのでしょうか。

原則は一括払い

スピード違反などの交通違反の罰金は意外と高く、オーバーしたスピードによってはかなりの額を支払はないといけません。
少なくとも数万円の支払いは免れず、いきなり数万円支払えと言われても支払えない人もいます。

そうなると何とか分割で支払いたいと思うのですが、残念ながら交通違反での罰金の支払いは分割での支払いは受け付けていません。
要するに支払いは待ったなしで、基本的に起こした罪の重さを重視して一括払いが原則になっています。

支払う意思があっても罰金を一括で支払えない場合、裁判所に支払いを分割してもらうよう相談する人は少なくありません。
実際に相談してみるのは悪くないのですが、通常は分割には応じてくれないと思っておいた方がいいでしょう。
裁判所への罰金の支払いは、一括で支払うというのが現実なのです。

交渉の余地はあり

多額の罰金を支払えない場合、分割にしたりボーナス時まで待ってもらいたいと思います。
しかし原則は一括払いが基本で、何度も支払いを無視していると、逮捕されるおそれがあります。

ただ、表向きは待ったなしで払えなければ労役が待っているのですが、検察も労役は面倒なので避けたいところです。
そこで正当な理由がある人に限定されますが、分割払いや支払期限の延長などを認めています。

基本は期日までの全額一括納付になるのですが、交渉の余地はあり、交渉次第では検察官の判断で分割しているようです。
しかしながら一括で払えない理由がしっかりしていて、検察庁が認めればの話なので、分割されるのは狭き門となります。
また、分割されるとしてもまずは3分の1程度支払ってから、残りを数回に分けていくことになるでしょう。

罰金の支払いは原則、一括払いとなるので分割や分納はできません。
一括で払えない明確な理由がある場合は交渉により分割の余地はありますが、基本は一括払いと考えておきましょう。